しみてヒリヒリ

コロナウィルスの影響で店舗や公共施設に入る前に消毒・除菌をすることが増えました。感染予防になる点ではいいと思いますが、手が頻繁にかぶれてしまう私にはちょっと苦痛に感じてしまうこともあります。手がかゆくなってしまい、かぶれた部分から出血してしまうほどになってしまった時に、入館前の消毒・除菌をした時のことでした。消毒液を手に取って手になじませた時、かぶれた部分がしみてしまいヒリヒリしました。消毒・除菌のたびにヒリヒリするのではないのですが、かぶれた部分は一度かゆみがおさまっても数日たてばまたかゆくなってしまうので、自分でもかゆみが起きる波を読むことができません。また、度重なる消毒・除菌でかぶれた部分が荒れてしまい、ハンドクリームなどで保湿対策をしても追いつかず、ますます荒れが進んでしまい、手だけおばあさんの手のように老化が進んだようになってしまいました。かぶれた部分に薬を塗ったりもしていますが、度重なる消毒・除菌でほとんど効果があらわれません。これ以上手がガサガサになるのが嫌なので、消毒用アルコールはあまり使いたくないのが本音ですが、周囲から白い目で見られるのも嫌なので、やむなく消毒・除菌しています。あるかどうかはわかりませんが、肌の弱い人でもしみたりせずに安心して使える消毒用アルコールがあればいいのにと思っています。それがダメなら出費が痛いですが、自分で使いやすい除菌グッズを買って自己防衛するしかないかもしれません。

除菌、消毒で手の荒れにも注意。ハンドケアも一緒にしましょう。

消毒、除菌は最近ものすごく気にするようにしています。ウイルスって目に見えないものなのでものすごい気を使っています。
まず、家に帰ってきたらすぐに手を洗います。非接触で泡のハンドソープが出るタイプを購入したおかげで本当にどこにも触れずに手を洗えるようになりました。

そして、手を洗ったあとは75%以上のアルコールジェルを2プッシュして丁寧に全体的に塗ります。
私は爪が長いので爪の間もしっかりと塗るように心がけています。そしてそのあとは除菌できるスプレーを帰ってきたときに触ってしまったドアノブなどにスプレーします。
そうすれば一応は完璧なのでいいかなと思っています。
そしてお店などにハンドジェルが置いてあるときは必ずつけるようにしています。今はどこにでもあるのでそのつどつけるようにしています。

こんな生活をもう数カ月続けていますが、おかげ様で風邪ひとつなく過ごすことができています。効果ありだなとおもっています。
しかし、それとは逆に最近の悩みは手の乾燥です。とにかく乾燥してしまってひどいときなんかあかぎれみたいになってしまうんです。
手に傷があるとそこからウイルスが侵入してしまうと聞いたことがあるので、これでは本末転倒だなとおもい、最近はハンドクリームにもこだわっています。
最近はとにかくいろんな種類のハンドクリームやジェル、美容液なんかもあるんですからびっくりです。

除菌や消毒とうまく付き合っていきたいなとおもっています。

大掃除より念入りに!かわいい我が子のオモチャ全部消毒除菌!

【消毒・除菌の体験談】
我が家には2人の子供がいます。3歳と0歳の男の子です。
3歳のお兄ちゃんはわんぱくで、とてもパワフルに遊びます。
0歳の子は口にオモチャを入れる月齢で、まだ歩けませんがお兄ちゃんが近くに来ると喜びます。
ある日我が家に物が増えてきたので少し整理しました。
すると戸棚の奥からオモチャが出てきました。
3歳のお兄ちゃんんが赤ちゃんの時に使っていて今はあまり使わなくなったオモチャや、少し部品が壊れたオモチャたちです。
捨てるのはもったいないので、戸棚の奥にしまったままでした。
3歳のお兄ちゃんがその奥にしまったオモチャを出してくるようになり、気が付くと0歳の弟が口に入れています。
奥にしまってあったので口に入れられるとすごく気になりました。
慌てて私はすべてのオモチャをベビー用品にも使える消毒液で、消毒・除菌をしました。
ブロックみたいな小さいオモチャは、本当に大変でした。どこまで消毒したのかわからなくなったり。
途中で子供のお世話や、遊び相手にもなって、細切れに一日かけて消毒・除菌できました。
【消毒・除菌をしてどうなったか】
目には見えないけど、ちゃんと消毒・除菌できたと思うとスッキリしました!
これで0歳の子の口に入っても安心です。
【まとめ】
少し神経質じゃないの?と思われるかもしれませんが、オモチャって意外とばい菌たくさんついてるとおもいます。
いろんな施設でも、オモチャの消毒を徹底しているようです。
私もコロナの前だと友達を家に招いて、子供たちを遊ばせていましたが、何人も手でさわるものがばい菌じゃなくても雑菌がつきます。
それを知らずうちに口に入れていると思うとこわいですよね。
決して友達の子供の手が汚いというわけではありません。ですが、うちのオモチャをその子が触って、さらに口に触ったりするとそれも心配ですよね。
お互いのために消毒・除菌は徹底したほうがいいと思います。
オモチャには目に見えないけど、いろんな菌がついていると思います。消毒・除菌はこれからもしっかりしたいところです。

知人が消毒魔になってしまいました

知人が消毒魔になってしまいました。聞いた話によると、家では家族全員マスク、食事も全員別室でとり、家を出る前には衣服を消毒、家を出てからは物に触るたびに手持ちの除菌スプレーで手指と触った場所を消毒、家に帰れば出ているところは全て消毒して洗濯機に入れ、すぐお風呂に入るそうです。
人と関わることも積極的ではなく、街で知り合いを見かけても基本的には無視、あちらに話しかけられても「外では話したくない」「コロナ禍が落ち着いてからにして」と帰っていると言っていました。
飲食店では手指の消毒はもちろん、席に座る前に消毒、待機する間もマスク、注文は指差しで対応、食事後にはもちろん消毒して、会計は基本的にはキャッシュレスで対応しているそうです。
もちろんコロナは心配ですし、私も罹りたくはないのですが、そこまでやらなくてはいけないのか…?とつい疑問に思ってしまいます。そこまでやるなら究極、外に出ない方が良いのでは…?とも思ってしまうばかりの徹底ぶり。参考になるところもあるので、いくつかは私も実践していることもありますが。
今はまだ自己完結しているようなので静観していますが、いつ周囲に口を出し始めるかとヒヤヒヤ。現に、電話口の声は「私は正しいことをしている!」「ここまでやらない人は悪!」とでも言わんばかりの自信に溢れていました。
コロナ禍が完全に落ち着くまではお互いの為に会わない方が良いな…と少し距離を置く日々です。

私がやらなさすぎ?

コロナ禍の今日・・・
コロナが本格的に流行りだしてからママ友と、たまたまランチした時のこと。
彼女は、これでもか!と除菌、消毒を持ってきました。
何でも触るもの、触ったもの全て除菌・・・
1回でも触れたものも除菌。気持ちは分かります。
ですが、一緒に居るこちらが恥ずかしくなるくらいの除菌でした。
そして、彼女の手を見た時、手荒れが酷くて・・・多分、手指消毒のし過ぎなのでは?とこちらがが察するくらいでした。
最近の手指消毒って、手荒れがひどいですよね・・・
そんな彼女と、たまたまお互い子連れでスーパーであったときの事。
子供同士が戯れた時・・・
「ごめんね・・・いま○○ちゃんのこと触っちゃったよね・・・除菌シートあげるからこれで消毒してね」と言われ
私も子供も「えっ?」状態でした。
私としては、何も子供の前でそこまで言わなくても・・・と
なんなら、子供はお互い汚いから~くらいに聞こえていた私。
そのママの発言に、我が子は、頭にクエスチョンマークが沢山でした。
彼女の、行動、言動を見てると、どこにも外出できないよって思います。
下手すりゃ買い物も・・・
でも、相手に当て付けにならない程度ならいいと思います。
人並以上の感染対策は素晴らしいと思います。
ですが、過度のやりすぎもどうかと思います。
何より、子供が可哀そうでした。
私は、人並にはしています。
帰ったら、手洗いうがい
もちろん、子供にもさせてます。
手指消毒もです。
私も、過度にならない様にしようと思いました。

子供がノロウイルスに感染した時

子供がまだ1歳ぐらいの頃に突然吐いたりし始めたので、小児科に行くとノロウイルスに感染していることがわかりました。児童館などで不特定多数の子供と触れ合っていたり、おもちゃを共用したせいもあると思います。とにかく病院でもらった薬を飲ませ、子供の吐瀉物には手を触れないようにゴム手袋かビニール手袋をして、塩素系漂白剤を薄めたものを含ませた布で拭き取り、吐瀉物と一緒にビニール袋に入れて密封してゴミの日に出していました。塩素系漂白剤は床やテーブルなどのツルツルしたところを拭く時には除菌もできていいのですが、子供も触れる場所なのであまり濃度を濃くするとかえって有害になります。なので、0.1%ぐらいに希釈した液を作ってから吐瀉物を拭き取った床やテーブルをさらに拭いていました。吐いた時に大概服も汚れるので、それはゴム手袋をはめて洗剤でしっかり手洗いしてから、さらに洗濯機で洗って天日干しして除菌しました。洗えないホットカーペットは大きなポリ袋に入れて結局丸ごと処分するしかなかったのですが、そうして徹底して除菌殺菌したおかげで他の家族にはうつらず、子供も体調が少しずつ戻って元気になりました。ノロウイルスは感染すると下痢や吐き気が止まらず大変なことになるので、感染を防ぐにはとにかく汚染物(吐瀉物や便)を始末するときに素手で触らない、始末した後は希釈した塩素系漂白剤で除菌する、あるいはしっかり洗って天日干しするということを徹底すると効果的です。

手指の消毒、除菌について

6歳の娘は、幼稚園児ながらもテレビで新型ウィルスのことを知り、今年度から熱心に手洗いと消毒話するようになりました。あさ起きてトイレに行ったら一回、出かける前にトイレに行ったらもう一回、その他手が汚れたら一回、といった感じで、朝出かけるまでに三回はしっかり石鹸で手を洗います。また、気になる時にはアルコール消毒も自分でしています。幼稚園にいる時には、外遊びやボール遊びから帰ったタイミングとお弁当の前には必ず手洗いと消毒をするようです。幼稚園から帰宅後ももちろん真剣に手洗い、消毒をしています。その他、自分で「汚れた」と感じたらすすんで手を洗っているような毎日でした。
その結果、コロナやインフルエンザ、風邪にかかるリスクはかなり減らせたように思います。実際、毎年寒くなると一度は風邪をひいていたのに、今年は軽い咳だけで寝込むようなことなく過ごせています。
ただ、困ったことに、両手のひらが、見てわかるほどに真っ赤に肌荒れしてしまいました。気がついた時には保湿クリームが染みる状態まで悪化していて、大泣きをして嫌がったため、クリームを塗らずに様子を見ていたら悪化する一方でした。意を決して、娘にこのままではいけない「どんどん悪くなって血が出るかもしれない」と話をして、泣くほど嫌なクリームを塗り込んで、今は徐々に快方に向かっています。
行きすぎた手洗いと消毒は、テレビ等で医師も話していましたが、手荒れの原因となり、キメが荒くなった手にはウィルスもつきやすいそうです。これでは本末転倒ですので、必要以上に手洗いと消毒をすることはやめて、荒れが酷くなる前に保湿をすることが大切です。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !